0120-600-709

かわさき北部斎苑第三式場にて 家族10名での家族葬

2022.5月に「かわさき北部斎苑第三式場」にて家族10名での家族葬のお手伝いをさせて頂きました。故人様は病気での闘病が長く、常々自分に何かあった場合には簡素に式を行ってほしいとの要望だったそうです。ご家族と故人様の兄弟だけ参列する家族葬にて最後の時をお迎えになられました。闘病が長いと家族も疲れている事も多くありますが、皆さんはとても名残惜しくお別れをなさっていました。生前の長い時間を一緒に過ごしてきたご家族とのお別れを一時間余りの式で行うという事は、様々な事が走馬灯のように思い返されていると思います。こちらの「かわさき北部斎苑」では火葬までの日取りが約一週間ほど待つ事が多いですが、その一週間を故人様とのお別れの時間として過ごされる方が多くいます。関西圏ではお亡くなりになった翌日や当日に通夜を行うと伺いますが、あまりに急な事でご家族様も割り切るのに時間がかかると思います。関東圏では比較的日程が長いので、故人様と時間をかけて最後の時を迎えるので、葬儀の時にはお別れを肯定的に受け入れていると感じます。

どちらが良いという事ではありませんが、神奈川県の葬儀社としてはこの一週間かけてお別れをするという感覚がご家族様の様子として、納得のいくお別れを迎えられたと感じてしまいます。